保険のお悩み 迅速解決

保険見積りをわかる方法

指を立てる男注目

保険をわかる。見積もりを比較

保険見積もりは素人にわからない

最近、数社の保険見積もりを取る方が多くいます。弊社も火災保険比較.comなるサイトを運営しておりまして数社の見積もり依頼を受けます。

しかし実際数社の見積もりを比較しましても保険商品内容が異なりますので、実際に良い・悪いを比べるのはなかなかむずかしいと思います。

例えばA社のここは支払い条件はいいけど、ここはB社の方がいいな とか

保険見積もりの見方そして取り方

やはりあまり多くの見積もりを取らない

私などはめんどくさがり屋のこともあり、あまり多くの見積もりを比べませんが、保険商品も比較されます場合3社ぐらいがよろしいのではないでしょうか。それ以上ですと比較が難しいです。

ポイントを決める

保険商品はかなりの情報がありすべてを理解するとなるとかなりの時間を必要とします。やはり皆様が必要とするポイントを3点ぐらいに絞り込むことが肝要です。

補償範囲を限定する

昔は総合保険ということで必要にない補償に対して保険料を支払っていましたが、近年は火災保険を初めお客さまが補償を選択できる保険商品が多くあります。

代理店とよく相談され必要な補償のみの保険料を支払うようにして全体の保険料を下げましょう。

保険商品の説明ができる代理店から見積もりをとる

実はこれが一番大切な問題です。どこに頼む保険見積もりでも記してありますが、ちゃんとした保険商品知識を持っていない代理店が結構多いです。

ましてや保険会社に見積もりを出してもらっては何のために代理店から保険加入するのか。

 

保険料だけを見ない

保険料の安さだけを見る人もいますが、保険料も大切ですがやはり補償内容をよく見てください。

保険料は免責金額の設定や補償内容の削減で大きく下げる事は可能です。

しかし万一の際、保険が出ないということになっては本末転倒ですね。

花と本

タイトルとURLをコピーしました